ED治療薬お買い得通販

バイアグラの効果、通販で人気のジェネリック、副作用、使い方、体験談やEDの原因、症状などをご紹介します。

バイアグラの効果、ジェネリック医薬品

バイアグラとは

バイアグラとは

バイアグラは、言わずと知れた勃起力を高める薬です。媚薬でも催淫剤でも精力剤でもなく、全うな治療を目的とした薬として世に出された初めての勃起障害改善薬です。そのことから発売開始から色んな方面で持ち上げられた結果、色んな意味でセンセーショナルな話題を多数もたらしました。これだけ評判なのは、その効果が間違いなくあることに起因します。

バイアグラの効果

バイアグラの効果

先に言った精力剤や媚薬というのはサプリメント的な感覚である為、効き目には曖昧な部分が沢山あります。しかし、バイアグラの場合は、医薬品という品名が付与されていることからも見て取れるように、国で効果を実証され承認されたものなのです。その為、確実な結果が見通せる物質です。

勃起をする仕組みは、性的興奮を伝える神経組織に加えて、各部位に状態変化を加える物質が必要です。人間の体は本当に繊細で不思議に満ちているもので、勃起をするにも収めるにも体の中の物質の増減から引き起こされています。

陰茎部分の海綿体にはこの相反する物質が共存します。そのうち、勃起を収める酵素も用意されています。勃起が起こる際には、体内にある酸が増殖することで血管を押し広げて血液を海綿体に沢山流し込むという作用をもたらしします。しかし、それに反して勃起を収める酵素も増殖します。これが過多になることで性的に興奮していても全く若しくは中途半端な勃起にしかならない現象を起こしていると言われています。

バイアグラは、この酵素が増えて勃起力の源となる酸を大量に分解しないように制限を加える効能をもたらします。それ故、中途半端だった勃起力が完全に戻るといった作用を私たちに与えるのです。こうした効果から、勃起が収まらないのではと思われがちですが、こうした酸や酵素は性的興奮と緊密な関係にあるので、精神面でのこうした興奮が収まれば今まで同様陰茎の状態も自然に戻ります。

時代が進んだことで、今では同様の効能をもたらす薬がいくつか出ています。その中でもレビトラシアリスといったものが有名です。それぞれがバイアグラと似たような或いは異なった特徴を持っているので、自身の悩みや場面に合わせて使えそうです。

バイアグラを通販で購入

バイアグラを通販で購入

初めてEDに陥った場合、誰でも不安になりまずは病院に行くべきかどうかというところから悩む方もいるかもしれません。自分が例えば中年だったとしても、40代にまで入っていない人であればより何故こうなったという思いと、加齢ではないだろうという思いが強くあることから、何かしら病気なのではないのかと考え込んでしまう人もいると想定できるからです。

正しくという言い方はおかしいかもしれませんが、正攻法としてはバイアグラ自体が処方箋医薬品ということもある為、泌尿器科や専門病院に通院することで処方箋を得るのが正しいでしょう。バイアグラであれば、ジェネリックも販売れていることから、以前よりも安く手に入れれることができるのも確かです。また、医師の診断を聞き、自身の体の状態も併せて調べてもらうこともできるので、より安全且つ安心に自身に合っているだろう薬を処方してもらえるに違いありません。

但し、その為にはちょっと恥を忍のぶ必要もありますし、病院に行くための時間も設ける必要があり、更に診察代等も含めた医療費もかかる事は念頭に置いた方が良いでしょう。その分、通販で購入することはもっと気軽に手にしやすい方法の一つです。

医薬品に限らず今では殆どの日常品をネットから手に入れることが出来る便利な時代になりました。その為、商品が届くまでの時間は待つ必要があるにせよ、自身が拘束される時間の必要もなくワンクリックで手に入れることができるのです。人目に触れることもないので、ただ薬を待つのみです。しかも、海外で販売されているジェネリックについては、病院では手に入れることが出来ない可能性の方が高くなります。何故なら、病院ではこうした海外通販で販売されている薬については、ルートが不明瞭ということもある為、手を出しにくいというのがあるからです。

万が一、病院側で出した薬で患者が死亡に至ったり重病にかかってしまったとなれば、病院としての評判が落ちることは目に見えています。そういった点、個人で購入する分には自己責任は伴うものの、様々な人が試した評判を元により医療費がかからない商品を手に入れることができるというメリットがあります。

医薬品を通販で購入するとなると難しい手続きなどがあると思われる方も多いかもしれませんが、一般的な通販と同じように簡単に購入する事ができます。ネットなどでいつでも注文する事ができ、購入する薬を選んで配達する住所などを入力し、代金を決済するだけで完了です。ご自宅まで届けてくれるので誰かに会う必要も病院に行く必要もありません。ただし、海外から発送されるため到着までには10日ほど時間がかかります。その点だけ気をつけるようにしましょう。

バイアグラのジェネリック医薬品

処方箋取り扱い薬局に行った際、誰しもが経験したことがあるであろう初回に聞かれる「ジェネリック」。バイアグラについても、特許期間が終了したことで、国内でもこうした商品が製造されています。それがシルデナフィルになります。

この商品は、バイアグラの成分であるシルデナフィルがそのまま商品名とされて売られています。国内で製造されているジェネリックの薬品名はこの名前で販売されており、それに販売元の企業名が付けられています。ジェネリックの定義に漏れず、先発薬と同一成分で作られています。

但し、販売されている用量については、製造元によって25mg、50mgとあるので、飲む側の効果の現れ方によって容量を選択することができます。また、服用するタイミングなども変わりませんが、作っている製薬会社によって先発薬同様水で飲みこむ錠剤タイプと口の中で溶かして服用するチュアブルタイプ(OD錠)と2つの種類が存在するのも特徴です。チュアブルの場合は、お菓子のような味付けがされていることもあって、飲み薬が苦手な人にとっては取り入れやすい形状になっています。

ですがこの商品については、市販はおろかネット通販でも購入することが出来ません。購入をするとしたら、ED治療を行っている病院の処方箋が必要となります。死に至る副作用があることからも想像できたと思いますが、こうした最悪の状態を増やさないことも目的とされて処方箋医薬品という分類に指定されているのです。価格は1錠1000円になりますが、先発薬が1500円程する為、これでも安くなっている方ではあります。

カマグラ(バイアグラのジェネリック)

カマグラ(バイアグラのジェネリック)

更に安い価格でのジェネリックを求めるとなると、海外で製造されている商品になるでしょう。特にインドなどではジェネリックを作るにあたっての法律が緩いことから、比較的新しい薬でも早めに製造されていることが多いのです。その上、効果等もその分多くの人が試した上で実証されているので、確実な効能も得られるとあって人気も高いものが多いのが特徴です。

特にカマグラというジェネリックは世界的に有名で、錠剤以外にもチュアブルやゼリータイプと薬の形状も多く取り揃えられています。ゼリータイプは、お菓子のゼリーと同じチューブ状の固めのビニール素材に入れられており、味もフルーツ味をメインに数種類作られている上、見た目も薬とは思えないところも特徴的です。

海外でも幅広く製造されていることから理解できるように、この商品はネット通販などの個人輸入を行っている販売店から購入することが出来ます。価格は販売先によって変わりますが、1錠大体200円台から400円台ということもあり、国内生産よりも非常に安く手に入れることが出来きます。こうした価格の差は、海外で売られている薬の価格が元々違うという点に起因するので、安いからといって効果が低いということには繋がりません。但し、粗悪品を販売する所は後を絶たないので、購入する際には大手で信頼できる店を見つけることが重要です。

また、カマグラは50mgと100mgがありますが、日本人では50mgで十分だとされています。むしろ100mgでは副作用が多く出てしまう危険があると言われています。さらに安くする方法としては、100mgを購入し、ピルカッターなどで半分に割って服用するのがおすすめです。できるだけ安く購入したいという方は、このような利用方法もおすすめです。

バイアグラの使い方

バイアグラの使い方

バイアグラを使うにあたって、良く言われるのは「空腹時」という点です。薬が体内に取り込まれたのち、腸の中で溶けて腸から成分を吸収する特徴があることから、胃の中が空っぽの方がすんなりと成分を体内に吸収しやすいというところにあります。実は「バイアグラが効かない」という方は、胃にものがある状態で服用しているケースがほとんどです。

市販で販売されている薬の箱を見ると、食後に1錠などと飲むタイミングなどの説明があります。当たり前のようにあるので、あまり意識はしていないかもしれませんが、食事を取るタイミングと密接な関係が多くあります。

薬の成分によっては胃の粘膜を傷つけやすく、胃腸が弱っている場合には胃痛を引き起こしてしまう場合もあります。その為、食事を取ることで胃の粘膜を傷つけないようにワンクッション挟んで欲しいという思いからこうした服用の仕方を勧められているという意図もあるようです。

しかし、バイアグラについては実はそうではありません。食事後など胃が食べ物などを消化している最中に服用してしまうと、期待した成分の吸収が阻害されてしまうことが多く、そのことから効果が弱まる可能性が高くなってしまうのです。特に牛乳など油に含まれる脂肪分は、胃の粘膜を覆って保護する役割も果たすことから、より吸収が阻害されてしまう原因とされているので、バイアグラにとっては厳禁に近い食品です。その為、食前など空腹時に飲むことがしっかりとした効果を得る為の最善のタイミングになります。

そして、バイアグラの効果が発揮される時間は約30分と言われています。ということは、大体体に吸収されるまでに30分程時間が掛かるということになります。体に成分が吸収された後であれば問題ないので、その間だけ食事は我慢し、時間を経て食事をするというのが良いでしょう。バイアグラよりも即効性があるのがレビトラです。早ければ15分で効果を得る事ができますので、即効性がほしいという方はレビトラがおすすめです。

また、効果が続く時間が約5時間から6時間になります。その為、様々な状況を考えすぎて早めの時間に服用してしまうと、折角の効果が感じられなかったという状況になりかねません。デートなど人によっては様々な状態があるので、この一番いい時間というのは図りにくいかもしれません。ですが、上記の点を注意して服用することで、確実にこの薬の効果を最大限に発揮した状態で挑むことができるので、それも一つのミッションとして楽しむぐらいに捉えていた方がよいかもしれませんね。時間を気にせずに楽しみたいという方は、36時間持続するシアリスがおすすめです。

なお、服用は1日1回までと定められています。それ以上の服用は重篤な健康被害を起こす危険があります。高い効果を得たいから、とたくさん服用するのは絶対にやめましょう。特に初めて服用する方は、少ない量から服用し、効果が得られなければ量を増やすようにしましょう。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用

過去の事例で幾度となくも出てきているのが、死に至る大きな副作用です。ですが、これは使う側の注意によって未然に防ぐことができるのでとても大切なことです。今までこうした事件が発生していた要因は、こうした薬に良く言われるまがい物を掴まされて服用した結果だったり、元々服用が出来ない体質や病気を持っているにも関わらず、それを犯して飲んでしまったことによる代償だったりするのです。

出始めの頃は、効果だけが大々的に広まってしまいました。更に市販では未発売ということも受け、怪しい販売店から購入する人も続出し、用法や出所なども見ずに飲んでしまったという人が多数存在したのです。こうしたことから心臓発作といった死亡事故が医薬品としては多数起こってしまいました。その為、今でも40代以降の人たちの頭の中には「危険な薬」という誤解が拭えません。

しかし、こうした事故があったからこそ、今では使おうとする側の意識も高くなりました。製造販売している店は大丈夫なのか、どういう飲み方をすれば間違いないのかなど、危ないと思っている薬だからこそ注意するようになったからこそ、現在までこうして治療薬として最前線で販売されていると言えるのです。

一般的に軽い症状として起こるものは、顔が火照る、目が充血するといったものです。これは、血管を広めるという薬の作用が体に現れたというサインでもあるので、耐えれない程という場合でない限りはあまり気にしなくてもよいと言われています。それに合わせて血圧が上がったように感じたりする方もいるようですが、これも先の効果の現れになりますが、あまりにもひどい場合は以降の服用は見合わせた方が良いでしょう。

これ以外にも鼻づまりや動悸、頭痛といった副作用もありますが、どれも体内に薬の成分が広まってきたことによるものになります。その為、こうした異常が薬の有効時間である5、6時間以降もひどく続くという状態や耐えられない程という状態でなければ一過性のものとして過敏になる必要はないかもしれません。

また、元々服用を禁じられる体質や病状も存在します。血管を広げる作用があると記載しましたが、こうしたことで更に病状が悪化しそうな病気に関わる人は全て注意するべきです。例えばニトログリセリンを処方されている病気を持っている方は禁忌になります。また、以前に心臓病などを患ったり、近々に手術をされた方がある場合も、急激な血管拡張は危険な状態を招く要因となることもあり、避けた方がより安全と言えます。勿論、脳溢血や脳梗塞といった病気を近々にされた方や血圧に関する持病を持つ人も同じことが言えます。健康あっての体、体あっての性行為というところはきちんと認識した上で服用することが副作用を避ける大切な点になるでしょう。

バイアグラ体験談

バイアグラ体験談

30代も半ばぐらいという年齢にも関わらず、こうした症状が出るようになりました。それは丁度仕事も忙しく、休日出勤も増えてきた頃でもあり、且つ仕事に関するプレッシャーやストレスも非常に感じることが多い状態でもありました。

日々疲れを感じる中でも、やはり性欲がはけ口になる場合もあり…そんな際に自分から誘っておいて、全く起たなかたことが発端です。最初は疲れ等で良くあることなんだろうなと感じていましたが、数日、数週間経って何度か試しても中途半端だったり全くだったりと非常に情けない状態が何度かおきました。体調面や精神面でも間違いなく疲れて、何がどう悪いのかも分からないことから、まずは病院で調べてもらった方が良いのではと考えて、通院を決めました。

結局、色々調べた結果、大きな病気などもなく、単純にEDに陥っているだけということが分かったのですが、それを知った際にも正直ショックでした。しかし、医師と相談することもできた上、自身の体の事も知れたのでこれはこれでいいきっかけになったと思っています。そして、その上で値段も少し安いジェネリックのバイアグラを使うことにしました。

その後不安になりながらもそのタイミングの前に薬を飲んで行ったところ、最初から効果は抜群に現れました。その為、一瞬にしてこの薬を信用するに至ったという訳です。のぼせのような状態は確かにありましたが、興奮と相まってそれ程気にすることはありませんでした。ただ、医療費や通院時に拘束される時間などが少しかさんでいるのも確かです。

そこで、病院を探す際に調べていた時に目に付いた通販での薬の購入について、検討を始めたところです。はじめがジェネリックということもあったので、ジェネリックについての後ろ向きなイメージもなくなったのもある為、他のジェネリックはどうなのかと考えています。医療機関、ネット通販、どちらもそれぞれの良さがあります。それを踏まえた上で、いつかは薬が無くてもちゃんと勃起できることを目指して、今はいいとこどりをしながら治療しようと思っています。

ED(勃起不全)とは

ED、もしくは勃起不全というと、「完全に勃起しない状態」と想像する方が多いでしょう。ですがどのような病気にも症状には初期症状というものがあります。ある日突然何かの病気が発症するということは稀で、EDも様々な初期症状があります。しっかりとした硬さにならない、中折れしてしまう、硬さを維持できない、など、思うような勃起を得られず、満足のいく性行為ができない事がEDと定義されています。日本人は成人男性の3人に1人がEDと言われています。年齢に関係なく、誰が発症してもおかしくない病気なのです。

最初のうちは「今日は疲れているからたまたま」ということもありますが、その頻度が増えていってしまうと、症状は悪化してしまいます。そして気付いたときには、治療が難しいほど悪化してしまっていたというケースも多くあります。

また、それ以外にも、朝だちはする、特定の相手や状況以外では勃起する、自慰では勃起する、などの状態もEDに含まれます。近年は妊娠を望む夫婦が、排卵日に妻から迫られる事がプレッシャーになってしまう「排卵日ED」や、妻にだけ勃起しない「妻だけED」などが増えているとされています。また、過激なAV、アニメやゲームなどでしか勃起できないというケースも多くあります。

EDは男性にとってはプライドに関わる問題で、見て見ぬふりをしてしまいがちですが、放置していると徐々に悪化してしまいます。ですが、初期症状のうちに早めに治療すればそれ以上の悪化を阻止する事も可能です。少しでも兆候があったら早めに治療する事が悪化を防ぐ上で重要になります。

ED(勃起不全)の原因

ED(勃起不全)の原因

EDは、かつては高齢者の方がなるものとされていました。勿論それも大きな原因のひとつではありますが、最近はストレスなどで20代30代の若い方でも多く発症しています。予防する上でも、治療する上でも原因をある程度知っておく事は大変重要になります。

器質性ED

器質性EDは主に肉体的な原因で発症します。その中でも最も多いのは加齢と生活習慣病です。年齢を重ねると動脈硬化など血管に関する様々な不調が出てきてしまいます。EDは血管が大きく関係しますので、年齢を重ねれば重ねるほどEDになる可能性は高くなっていきます。また、糖尿病になると8割の方がEDを発症すると言われています。高血圧、脂質異常症なども注意が必要です。喫煙や過度の飲酒もEDの原因となるため、なるべく控える事が大切です。

勃起には神経も大きな役割があるため、脳腫瘍、脳外傷、脳出血などの疾患があると、脳からの信号が陰茎に伝達されないため、EDの原因となってしまいます。交通事故などや手術、外傷などで前立腺がんや神経に損傷がある事が原因でEDになるケースもあります。また、前立腺肥大症、精巣静脈瘤、前立腺炎などの泌尿器系の疾患、椎間板ヘルニア、慢性腎不全の方などもEDになりやすいとされています。

心因性ED

心因性EDは、精神的な問題が原因で発症します。相手との関係、コンプレックス、トラウマ、性行為に対する罪悪感など以外にも、日常の仕事や人間関係、経済問題など日常的なストレスなども関係します。一見関係ないように見えるこれらの悩みですが、男性の勃起は非常に繊細であるため、気にかかっている事があると正常に勃起できなくなってしまいます。これらの原因は、本人も自覚がある場合が殆どで、現実心因と言われます。原因となっているストレスなどが解消すればEDも改善される可能性があります。

現実心因に対し、深層心因と呼ばれるものがあります。これは幼少期のトラウマ、同性愛、近親相姦、抑圧している感情、嫌悪感など、自分でも自覚していない場合が多く、原因を解明するまでに時間がかかる場合があり、カウンセリングなど専門的な治療が必要になる場合があります。

薬剤性ED

薬剤性EDは、服用している薬の副作用で発症します。特に抗うつ剤などの副作用として多いとされていて、日本でもうつ病の方が増えている事から薬剤性EDの方が増えているとされています。

日本では、EDは命に関わる重大なものではないため、薬の副作用としてEDが記載されていないケースが多くあり、医師や薬剤師ですら把握していない場合もあると言われています。その為、薬の副作用がEDの原因とわかっていない事も多く、潜在的な薬剤性EDは多いと言われています。服用している薬がある方は、ご自分で調べてみるようにしましょう。

ですが副作用が原因であったとしても、急に薬の服用を中断したり量を減らしては危険な事があるのでやめましょう。医師に副作用の少ない薬などに変更できないか相談してみましょう。

EDの改善方法

EDを改善するには様々な方法があります。その中でも特に効果があるものをご紹介します。

ED治療薬

ED治療薬

EDの改善で、現在最も効果が高く簡単で費用も安く済むのがED治療薬の投薬治療です。臨床試験でも効果が認められた医療医薬品で、世界中の男性に愛用されています。服用するだけで勃起するのを助けてくれる効果があり、中折れなどにも有効です。日本では保険が適用されないため、病院で治療する場合は高額になってしまいます。

現在は通販を利用すれば誰にも会わずに簡単に安く購入する事ができ、さらに通販では安いジェネリックが販売されています。病医で処方してもらう場合は1錠1500~3000円ほどになってしまいますが、ジェネリックは1錠200~400円程度という安さで販売されています。誰にも会わずに安くED治療薬を購入したいという方は通販を利用しましょう。

ICI治療(海綿体注射療法)

ICI治療とは、「陰茎海綿体注射」の事です。病気などによってED治療薬が服用できない方などに利用される方法で、陰茎に直接注射を打って強制的に勃起させます。効果はED治療薬よりも高いとされていますが、日本では未承認の治療方法なので、何かあったとしても全て自己責任となってしまいます。針は髪の毛ほどの細さなので痛みは殆どないとされていますが、直接注射をするというのはやはりかなり勇気が必要になるでしょう。

最初は医師にしてもらいますが、医師が指導し、認められればご自宅でご自分で注射をする事も可能です。5分から10分ほどで効き目があらわれ、2~3時間持続します。そのためすぐに帰宅するか、パートナーにホテルなどで待機しておいてもらう必要があります。ED治療薬とは違い、何もしなくても勃起し、持続時間がある間はずっと勃起し続けます。また、治療も高額になり、1回につき10000円以上となります。副作用も陰茎の疼痛などがある場合があるため、利用するにはよく考えましょう。

ED1000

ICI治療同様、なんらからの理由によってED治療薬が服用できない方に行われる治療です。陰茎に衝撃波を与え、新生血管を形成してEDを治療していきます。根本的にEDを解決すると期待される最先端の医療方法です。ただし世界的にまだまだ実績が多くはなく、効果が殆どなかったという方も少なくないようです。正式なデータがないため、どれくらいの方に効果があるかは未だ不明瞭であると言えます。

ただし、保険が適用されないので莫大な費用がかかります。1回につき3万円前後で、基本的に3ヵ月のうちに12回治療を受けなくてはいけません。単純計算でも36万円もかかってしまい、効果が得られなければ継続する必要があります。通院するのも手間になってしまいます。

血管外科手術

血管外科手術

勃起に関する血管に異常がある場合は手術をする方法をとる場合もあります。症状によって異なりますが、カテーテルを通して血流を改善したり、バイパス手術などが行われます。また、若く流入動脈が正常な方など、手術を受けられる条件がある場合もあります。外科手術ですので失敗がゼロではなく、合併症や、体への負担も考えられます。また、保険が適用されない手術です。症状によって費用は大きく異なりますが、10万円から数十万円になります。

プロステーシス

プロステーシスも外科手術ですが、陰茎に直接手術をします。方法は、陰茎にシリコン製の支柱を直接埋め込み、勃起状態を作りだします。ノンインフレータブルタイプと呼ばれる棒状で曲げ伸ばしができるものと、インフレータブルタイプと呼ばれる水の移動により勃起状態を作りだすものの2種類があります。ED治療において、「最後の手段」と呼ばれている方法です。プロステーシスも保険が適用されないため費用は数十万円になります。また、異物を陰茎に挿入したままの状態になるため、感染症などが起こり易くなってしまいます。当然不可逆的な手術で、一度してしまったら元には戻せません。手術をする前に、よく考える必要があります。